不動産購入時に関わる税金|税を知っておくと安心

模型と電卓

快適な街で暮らす

寝屋川市は生活に必要な設備も整っており、比較的リーズナブルな住宅が多いことが特徴です。不動産を買うことを考えているのであれば、内覧などをしてから決めることが大切ですのでまずは不動産会社を訪れてみましょう。

積み木の家

上手な物件の探し方

湘南で長い間経営している不動産業者は独自の不動産情報を持ており、地域の特性を活かした物件紹介をしてくれます。また賃貸物件だけではなく、駐車場や商業用地なども扱っているのです。加えて、ワンルームから家族向けのものまで様々な種類の物件を持っています。
案内する女性

物件探しの前に会社を知る

物件を利用したいときは、岡山の不動産屋について基本的なことを把握しておくことが大切です。インターネットを使って物件を紹介しているので、いつでも簡単に閲覧できます。また未公開物件もあって主に地元の不動産屋が所有しているのです。大手は物件数が多くキャッシュバックキャンペーンもしています。

税率や税額の確認

内観

概算してもらうことも可能

不動産を購入する際には、印紙税や登録免許税といった税金の支払いが必要となります。どちらの税金も、額は購入した不動産の価格によって異なってきます。具体的な税率は、国税庁のホームページなどに記載されているので、それを見ることで確認できます。また、購入の仲介を不動産会社に依頼した場合には、そこから詳しい説明がおこなわれます。そして不動産の購入後にも、税金を支払うことになります。具体的には不動産取得税と固定資産税ですが、前者は購入後60日以内に申告することで、請求されます。したがって、仮に購入に全財産を使ったという場合には、支払いが困難となることもあります。そのため多くの人が、そのお金を手元に残しておくために、購入前に不動産会社に相談しています。相談すれば、支払うことになる税金の額を概算してもらえるのです。一方固定資産税に関しては、基本的には購入の翌年以降に課税されます。不動産によっては数年間の軽減措置があるため、その分ゆっくりと支払いの準備を進めることができると言えます。それでも気になるという場合には、やはり不動産会社に相談することで、おおよその額を知ることができます。ただし固定資産税は、不動産の評価額によって決まります。そのため概算してもらったとしても、その後不動産の状態や周辺環境などが変化した場合には、実際の固定資産税が概算とずれてきます。そのため、それを念頭に置いてから相談することが大事です。

このエントリーをはてなブックマークに追加